仮想化基盤のオープンソース

subpage01

仮想化基盤はハードウエアベンダーが提供する専用ソフトウエアで稼働するタイプが多かったのですが、ハードウエアの進化、特にCPUの仮想化基盤対応モジュールの追加もあり、一般ユーザーの仮想化基盤の利用が進んでいます。

一般的なハードウエアで仮想化基盤を利用するには多くの場合ホストOS型を選択します。



ホストOS型は既存のOSを利用し、専用のアプリケーションをインストールすることで仮想コンピュータを動かします。
ホストOSで利用できるハードウエアはそのまま仮想コンピュータで利用できるケースが多く、手軽でしっかり使える方法として人気があります。



特にCPUの仮想化支援モジュールは速度面で重要な仕組みとなっています。
多くのアプリケーションは有料ですが、オープンソースタイプも公開されています。

オープンソースタイプのアプリケーションの動作は市販版よりも動作が遅いですが、十分な稼働環境として利用が進んでいます。仮想化基盤にはハイパーバイザー型もありますが、一般のハードウエアでは動作しない場合も多く、また、インストールできても管理に専門知識が必要なこともあり一般的には利用されないケースが多いです。



ハイパーバイザー型の実現はハードウエアベンダーが協力してアプリケーションを作成していることが多く、高価な場合が多いですが、オープンソースタイプも優秀なものが登場しています。