仮想化基盤を利用する意義

subpage01

仮想化基盤を利用する意義はハードウエアの効率的な利用です。

ハードウエアは一気に改善が進んでおり、数年前のスーパーコンピュータ並の計算能力が一般的なパソコンの能力になってきています。
また、小型化、省電力化なども行われており広く利用されています。
しかし、高機能かしているとはいえ、多くのハードウエアは待ち時間がほとんどであり、友好的に利用されているとは言いがたい状況です。特にサーバについては利用率が低く、企業にとっては有効活用が課題となっています。

そこで注目されているのが仮想化基盤です。
仮想化基盤は複数のOSを1台のコンピュータで稼働させられるのがメリットです。



空いているリソースを有効活用するために複数のOSを動かすことでサーバの物理的な台数を減らしています。


また、仮想化することでハードウエアが故障した場合でも稼働しているサーバにライブマイグレーションで仮想OSを移動させて稼働を継続させる仕組みを採用して業務の継続性を高める企業も増えています。



仮想化基盤は個人での利用での活用が進んでいます。



例えばMacを利用してる場合にWindowsのアプリケーションを利用するなど補完的な意味で仮想化基盤を利用することも一般化しています。


仮想化が一般化してきたのにはハードウエアの進化とともにソフトウエアの進化もあります。