仮想化基盤のソフトウエア的な仕組み

subpage01

仮想化基盤ではハードウエアでの仮想化からソフトウエアでの仮想化にシフトしてきています。コンピュータがまだまだ高かった時にはハードウエアリソースの有効活用のために仮想化が率先して利用されてきています。しかし、パーソナルコンピュータが発展してくると一人で使い切れない、もしくは一つのコンピュータで複数のOSを同時に動かしたいという要望も増えてきました。そこで仮想化基盤を実現するソフトウエアが登場しています。



ソフトウエアは主に2つあります。

1つはホストOS型の仮想化基盤です。



このタイプは既存のOSにアプリケーションとしてインストールされ、その上で仮想環境を提供します。

既存のOSに補助を願うので速度は出ませんが、手軽に仮想化基盤を手に入れられます。また、仮想ハードウエアで稼働するのでどのOSでも稼働させられやすいという利点があります。

2つ目はハイパーバイザー型です。

ホストOS型に比べて速度が早く、ゲストOSからの影響を受けづらい利点のあるタイプです。



ハイパーバイザー型は専用のハードウエアで稼働しますが、一般向けのハードウエアでもベンダーがドライバを用意している場合には稼働させることができるようになっています。レンタルサーバシステムでよく利用されてします。
ハイパーバイザー型は各リソースを動的に変更するのも得意です。