仮想化基盤の技術と歴史

subpage1

仮想化基盤の歴史は古く、技術的な進歩はめざましいものがあります。



仮想化基盤は汎用コンピュータ用に利用されていたというよりも、ワークステーションの前身のコンピュータで利用されている古くからある技術です。

当初の利用目的は現在の利用目的と似ていますが、根本的に違うのは処理能力が低かったために利用されたということです。

当時のコンピュータは効果であり、会社などで1台のコンピュータを複数人で利用するのが当たり前でした。



多くの場合、コンピュータをクライアントで繋いで利用していましたが、クラッシュも多く、それぞれの利用方法が異なる場合には特に問題となりました。



そこで利用されたのが仮想化基盤です。


処理能力が低かったコンピュータですが、OS、ハードウエアを独自に1つのメーカが開発していたこともあり、仮想化についてはハードウエアで分けていました。


もっとも古い仮想化基盤はタイムシェアリングです。

タイムシェアリングでは時分割でそれぞれのプログラムにCPU等を割り振りました。そこから更に発展すると現在の仮想化基盤と似た技術となっています。
コンピュータの処理能力が上がってくると分割して利用されることは少なく、一部の大型コンピュータが余りある処理能力を適切にユーザに割り当てるために利用する現在の手法と同じ手法となっています。


学ぼう科学の事

subpage2

サーバーの仮想化基盤構築で必要になる物理マシンのスペックは、使用するサーバー仮想化ソフトによって求められる条件が異なります。その中で共通するのは、あらかじめ仮想化に対応した64ビットCPUが物理マシンに搭載されているかどうかです。...

next

知っておきたい情報

subpage3

仮想化基盤を利用する意義はハードウエアの効率的な利用です。ハードウエアは一気に改善が進んでおり、数年前のスーパーコンピュータ並の計算能力が一般的なパソコンの能力になってきています。...

next

1から学ぶ科学

subpage4

仮想化基盤ではハードウエアでの仮想化からソフトウエアでの仮想化にシフトしてきています。コンピュータがまだまだ高かった時にはハードウエアリソースの有効活用のために仮想化が率先して利用されてきています。...

next

科学の実態

subpage5

仮想化基盤はハードウエアベンダーが提供する専用ソフトウエアで稼働するタイプが多かったのですが、ハードウエアの進化、特にCPUの仮想化基盤対応モジュールの追加もあり、一般ユーザーの仮想化基盤の利用が進んでいます。一般的なハードウエアで仮想化基盤を利用するには多くの場合ホストOS型を選択します。...

next